読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきスタンプ

福岡で物流系のエンジニアやってます

BHT-BASIC:キー入力内容取得方法まとめ

DENSO製ハンディターミナルで使用するDSL、「BHT-BASIC」にて、キー入力内容を取得する関数と、その使用方法について、簡単にまとめてみた。

 

INKEY$ (使用例: IN$ = INKEY$ )

キーボードから1文字読む込む。入力内容は画面に表示されない。設定により、[BS/C]などのファンクションキーをスペースキーとして取得するケースがある。

 

INPUT (使用例:INPUT = IN$ )

キーボードからデータを読む込む。入力内容を画面に表示させる事ができ、[ENT]キー入力時に変数に値が入る。[BS/C]キーで末尾の1文字が削除される。最大12文字。

 

INPUT$(文字数) (使用例: IN$ = INPUT$(3) )

キーボードから(文字数)分読み込む。入力内容は画面に表示されない。デバイスファイルから読み込む事もできる。

 

INP(ポート番号) (使用例: IN$ = INP(&H6041) )

入力ポートから1byte読む込む。ファンクションキーの入力判定が可能。(ビット計算が要るけど。)ポート番号については公式マニュアルを参照。

 

番外編

VRAMからデータを読む事も出来るが、処理がビット単位。細かすぎて使いづらい。