かきスタンプ

福岡で物流系のエンジニアやってます

Windows向け:Visual Studio Code の C# 実行環境

WindowsユーザがVisual Studioを使う感覚で Visual Studio CodeにてC#を書き、以下ような現象が発生した人のためのエントリ。

f:id:kakisoft:20170319042321p:plain

  1. 実行時に、.NET Core SDKが必要となります。
    公式サイトからダウンロードし、インストールします。
  2. 機能拡張(Ctrl + Shift + X)より、「C#」を検索し、インストール。
  3. 適当なフォルダを作成
  4. Visual Studio Codeにて、ファイル→フォルダを開く→先ほど作成したフォルダ (この操作で、.vscodeというファイルが作成されます。)
  5. 「Ctrl + @」と入力し、コンソールを起動
  6. コンソール画面にて、「dotnet new console」と入力 (Program.csほか、各種ファイルが作成される)
  7. F5キーを押し、「環境の選択」にて、.NET Coreを選択。 メッセージが出た場合、以下を選択。
    <情報>There are unresolved (以下略)→Restore
    <警告> Required assets to (以下略)→Yes
  8. F5で実行可。

(実行結果) f:id:kakisoft:20170319045319p:plain  
 
上記ではコンソールにて「dotnet new console」と入力しましたが、consoleの部分はmvcやwepapiなんかも入力可能です。
作成前に「dotnet new」と入力すると、生成可能なひな形のタイプを確認できます。

.NET Core SDKは64bitのみ対応しているようです。 (Visual Studio Codeは32bitでも動く。)