読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきスタンプ

福岡で物流系のエンジニアやってます

AWS:ARN設定内容メモ

ARN(Amazon Resource Names)は、AWSにおける一意のリソースを特定するためのID。
IAMのポリシー編集時など、時々使うけど、何を書くかよく忘れるのでメモ。

<書式>

arn:<partition>:<service>:<region>:<account-id>:<サービスによって異なる>

<partition>
aws」固定でよさそう。

<service>
s3とかec2とか。
詳細はAWS公式ページ参照。

<region>
オレゴンや東京などのリージョンを指定。 具体的な設定内容は以下。

Region Name Region
US East (N. Virginia) us-east-1
US East (Ohio) us-east-2
US West (N. California) us-west-1
US West (Oregon) us-west-2
Canada (Central) ca-central-1
Asia Pacific (Mumbai) ap-south-1
Asia Pacific (Seoul) ap-northeast-2
Asia Pacific (Singapore) ap-southeast-1
Asia Pacific (Sydney) ap-southeast-2
Asia Pacific (Tokyo) ap-northeast-1
EU (Frankfurt) eu-central-1
EU (Ireland) eu-west-1
EU (London) eu-west-2
South America (São Paulo) sa-east-1

 
<account-id>
右上のメニューから確認できる。
f:id:kakisoft:20170326030931p:plain

その他、サービスごとの個別の内容は、AWS公式サイトを参照。