かきスタンプ

福岡で物流系のエンジニアやってます

Ubuntu向け:Visual Studio Code の C# 実行環境

1.
公式サイトより、Ubuntu向けのインストーラを選択。

2.
コンソールにてインストール(参考サイト

sudo dpkg -i <file>.deb
sudo apt-get install -f 

 
3.
/etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list
を編集。(無ければ新規作成)

以下の内容を追記。(参考サイト
Ubuntu 14.04】

deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ trusty main

Ubuntu 16.04】

deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ xenial main

Ubuntu 16.10】

deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ yakkety main

現在のバージョンは cat /etc/lsb-release で確認可。
 
その後、以下を実行。

sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 417A0893
sudo apt-get update
sudo apt-get install dotnet-dev-1.0.4

 
4.
コンソールにて code と入力すると、Visual Studio Codeが起動する。

適当なフォルダを作成する。
その後、Visual Studio Codeにて、ファイル→フォルダを開く→(作成したフォルダ)を選択する。
   
5.
[Ctrl]+[Shift]+@ で、ターミナルを起動し、以下を実行。

dotnet new console
※console以外では、mvcやwebapi等が指定可。  

以下のコマンドで実行可。

dotnet run

 
デバッグ機能より、F5でも実行可能です。  
 
参考にした動画