かきスタンプ

福岡で物流系のエンジニアやってます

Jekyll基本操作メモ

マークダウンで静的サイトが作成可能なツールJekyllの基本操作をメモ。
GitHubホスティングすると、GitHub Pagesにてお手軽に公開可能です。

<環境>
Ubuntu 16.04.2 LTS】
【jekyll 3.0.1】
 
  
以下、GitHubに、適当なポジトリを作成した後に実行しています。
 
 
Jekyllインストー

sudo apt install jekyll

適当な名前でディレクトリを作成する。(MyJekyllとか。)
そこに index.mdを作成し、以下のように編集。

---
---
Hello Jekyll!

以下を実行すると、公開するhtmlファイルが作成される。 (「_site」というディレクトリに存在する。)

jekyll build

以下のコマンドで、ビルトインWebサーバ稼働。

jekyll serve

mdファイルを編集→build
という手順で作成する。

完成したら、git push。
その後、リポジトリの Settingsにて、GitHub PagesのSourceを、「None」→「master branch」等に変更し、Save。
URLはリロード後、「Your site is ready to be published at xxx」という形式で示してくれている。  
 

ブログの雛形作成

以下のコマンドでブログの雛形を作成できる。

jekyll new (ブログ名)

記事が1つ自動生成されている。
記事の追加する場合、「_posts」ディレクトリに、ファイルを追加。


<参考サイト>
Jekyllいつやるの?ジキやルの?今でしょ!