かきスタンプ

福岡で物流系のエンジニアやってます。

Oracle:ログの種類と出力先

Oracleのログの種類と出力先についてのメモ。
以下、出力先はデフォルト設定時となっています。

クライアントからDBへの接続が出来ない場合

sqlnet.log を確認する。
パスはバージョンによって異なる。

(10g以前)
$ORACLE_HOME/network/log

(11g以降)
$ORACLE_BASE/diag/clients/user_<OS_USERNAME>/host_<MASHINE_HASH_VALUE>_<ADR_VERSION>/trace/

sqlnet.log の出力先は、sqlnet.ora にて指定可。
sqlnet.ora のパスは、$ORACLE_HOME/network/admin/


リスナーに接続できない場合

リスナー・ログ(listener.log)を確認する。
パスはバージョンによって異なる。

(10g以前)
$ORACLE_HOME/network/log

(11g以降)
$ADR_BASE/diag/rdbms/<ORACLE_SID>/<SID>/trace/alert_<ORACLE_SID>.log
$ADR_HOME/alert/log.xml



各種アラート情報

アラート・ログ(alert_.log)を確認する。
パスはバージョンによって異なる。

(10g以前)
$ORACLE_BASE/admin/<ORACLE_SID>/bdump/alert_<ORACLE_SID>.log

(11g以降)
$ADR_BASE/diag/rdbms/<SID>/<SID>/trace/alert_<SID>.log

または、sql plusで以下を実行しても確認できます。

show parameter BACKGROUND_DUMP_DEST



その他補足情報

Oracle環境変数

ORACLE_HOME、ORACLE_BASE のパスは、コンソールより以下を実行する事で確認できる。(Windows環境)

reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE" /s

ADR_HOME、ADR_BASE は、以下のSQLで確認できる。

select * from V$DIAG_INFO where NAME in ('ADR Base','ADR Home')

ADR

ADR(Automatic Diagnostic Repository:自動診断リポジトリ)は、Oracleの診断に使用するファイル群です。